マンション売却の際の仲介・買取査定や築年数による不動産価値など

マンション売買するときは

マンション売却は仲介か買取

マンションを売る時は不動産業者に査定を依頼します。
売却方法としては、仲介と買取の二つの方法があります。

仲介の場合であれば、その査定をもとに売り出し価格を決定し、
ホームページや広告などで宣伝し購入者を探します。
その売り出し価格で買いたい購入者が見つかり次第、マンション売買が成立します。

売主は仲介を依頼された不動産会社に仲介手数料をお支払いします。
仲介手数料は物件価格の3%+6万円+消費税が相場と言われており結構痛い出費です。
売り出し価格が高すぎると購入者が中々見つからないので、
相場に照らし合わせて設定することが必要です。

買取の場合は、不動産業者自身が購入者となってマンションを購入します。
不動産業者が、購入したマンションを後々売却や賃貸などの方法で、
利用できると判断した価格での買い取りとなりますので、
仲介と比べると、売却価格は低くなってしまう場合がほとんどです。
しかし、購入者を見つける必要がありませんので、即時売却が可能である点、
仲介手数料がかからない点などがメリットだといえるでしょう。

  購入者 広告宣伝 仲介手数料 売却可能時期
仲介 不動産業者が購入者を探す あり あり 即時
買取 不動産業者が購入 なし なし 3ヶ月~6ヶ月

仲介から買取への移行

仲介か買取か、売却をお考えの方の状況に合わせて選ぶことになりますが、
業者によっては、ある一定期間仲介によって広告宣伝を行い売却できなかった場合に、
買取へと移行できるサービスを行っている業者もあります。

この場合、仲介のためにかかった費用について、どのような扱いになるのか、
その他の費用などは、取り扱い業者によってさまざまですので、
事前の確認が必要となってきます。

不動産オンライン一括査定サイト

マンションの査定価格は、不動産会社によって査定がまちまちで、
売り出し価格の設定もバラバラです。
どの不動産会社で高い査定を出しているのか知りたいときは、
不動産オンライン一括査定サイトを利用すると非常に便利です。

このサイトにはたくさんの不動産会社が登録していて、一度の入力でたくさんの査定が届きます。
それぞれの査定を比較することができます。
インターネット環境さえあれば24時間いつでも都合のいい時間に査定を依頼できます。
どれだけ査定を依頼しても料金は一切かかりません。

仲介で重要なのは査定額だけではない

一番高い査定を出した不動産会社に決めるだけでは、マンションを高く売れない可能性があります。
それは先ほど述べたように売り出し価格の設定や、
値下げのタイミングや値下げ幅などの戦略が大切だからです。

仲介に弱い不動産会社では戦略にも弱く、仲介に強い不動産会社では戦略にも強いです。
高い査定だけではなく仲介にも強い不動産会社を選んで、仲介を依頼することが大切です。

査定サイトにも種類あるので追記でマンション査定価格がりたい方はどうぞ。特化ではないので一応不動産全般もいけるようです。

マンション売買 Main menu